HOME>オススメ情報>薄毛の原因と薄毛を改善するために改善すべき生活習慣

薄毛を改善するには原因を知ろう

薄毛を改善するには、ただ育毛剤などを使うのではなく、薄毛の原因を知り適切な処置を行うことが改善のカギとなります。

薄毛を改善するための習慣

ストレスをためないようにする

ストレスは自律神経を乱しホルモンに影響を与えます。ストレスがたまらないように息抜きをしましょう。

喫煙習慣をストップする

タバコには血管を収縮させるニコチンが含まれているので禁煙しましょう。

バランスの良い食生活

髪の栄養不足は薄毛の原因となるのでバランスのとれた食生活を目指しましょう。

毎日異なるヘアスタイルにする

毎日同じ場所に分け目をつけたり、髪をまとめたりしていると薄毛を促すことがあります。

シャンプーの時にマッサージする

シャンプーの時に意識的にマッサージをすると、血行を改善して抜け毛を防ぎます。

頭皮も皮膚の一部です

男性 薄毛で悩む方も少なくありませんが、毛が生える土台になるのは自分たちの頭の皮膚である頭皮です。日々のシャンプーで取りきれない汚れが溜まっていくと抜け毛の原因となりますし、場合によってはお手入れ不足で血行が悪くなって折角の有効な栄養素が髪の毛にまで行き渡らないこともあります。そうならないようにするためには、シャンプーの時にもマッサージをするような感覚で行い、終わればしっかりと洗浄をして綺麗な状態を保ちましょう。

ストレスを溜めないことも大事です

頭 現代社会はストレスを溜め込みがちなので、心身に疲れも溜まりやすいのも原因の一つです。男性ホルモンの分泌が多くなってしまい、髪の毛の育成に影響を与えてしまうこともあります。清潔な頭皮の状態を保とうとしていても、すぐに汚れが溜まったりすることもあるので、なるべくストレスフリーな生活を心がけましょう。暴飲暴食もよくありませんし、インスタント食品やファーストフード中心の食生活も手軽で便利ですが、栄養素が偏って結果的に薄毛を導くことにもなりかねません。きちんと三食食べるように心がけるのはもちろんですが、肉や魚、野菜に果物などをバランスよく食べて髪の毛に必要な栄養素を摂取しましょう。その栄養素を体中に巡らせるためには、頭皮の血行も良い状態にしておけるようにして下さい。

広告募集中